外国為替市場としてのFXに関して、詳しく追求していきましょう。外国為替証拠金取引とは、二国の金を売り買いをして両者の差額をもらえるとの方式になります。二種類の貨幣の間で生み出される差益金額をスワップ金利と呼んでいます。このスワップ金利ですが、正式にはスワップポイントと呼ばれているみたいです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)とは、一日ごとにでも受け取る事が出来ますけれども、その為替の相場の動き方次第で変わってくるらしいです。こんな風な外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)の獲得をねらって、外国為替証拠金取引(FX)のトレードをする方々もたくさんいます。スワップポイントは、FX業者ごとで異なってくるため可能な限り利益が多い業者でトレードしたいですよね。ただ、スワップ金利は為替レートが動くと一緒に変動するので用心しましょう。併せて、取引をする時はチャートを読む事が必須となっています。図を読めれば、為替トレードの変化を予測する可能になるようです。外国の為替に慣れない人が見たとしたら、いったい何の図表ですか?などと難しいと思ってしまうのでしょうがポイントをわかっておくことによってグラフを理解する事が出来るそうです。いつ頃から日本円が上昇傾向にあるもしくは下がっているなど最も円安だとこのグラフを理解する事で判断が出来て、為替の取引をするにはとても大切な情報となるそうです。チャートは、日本ではローソク足が使われるのが通常で名前の通りローソクの形のようなグラフで書かれているのです。ローソク足は、高値と安値なおかつ終値や始値などを示していてチャート図で様々な形となっているのです。