やっと投資すると時という場面では、一番に事前対策をしなくてはいけません。。相場に入る前であるとすれば、出来事を論理的に見ることのできる余裕がある。しかし、ひとたびマーケットの内部に足を踏み入れると、受け取り方が独りよがりになる場合があり往々にして真っ当な状況判断ができなくなるリスクがあります。だから自身の精神が合理的な段階でしっかりと事前準備をしておくことが不可欠です。”事前準備”するためには、はじめはあなただけの物語を記す事から開始します。今からのこの通貨はああだから豪ドルをエントリーするみたいなあなたなりの台本を書いていきます。次に重要なのはローソク足チャートをチェックしよう。過去のレートの上がり下がり調べて現時点の価格を見ます。すると、「相当低いレベルである」もしくは「もはや大多数の投資家の方々が売買しているからこれから急に取引してももはや間に合わないな」ということが判断できます。すでにエントリーするのが間に合わないなと考えたら、エントリーしないで、この状況では割り切ることが肝心。どう工夫してもあなたなりの台本を引き下げないで諦めずに新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されてかえって損害を受けることになる危険性があります。ただし多くの場面で用意周到に自分自身の物語を作り上げておくと仕かけるのが遅いなということにはなることはありません。大方、本格的に相場が上げ下げする前の状況のはずです。続いては、差し当たり自分が取引しようとするポジションの上下動を、ちゃんと点検する事が重要です。例えば円安に向うはずだという台本を描いたのであればドルの推移に注目する事が大切です。為替相場の推移を注視し始めた状態では、まだまだはっきりと動く素振りを見せることなく上がったり下がったり小幅な上げ下げをしているだけでしょう。だが、その上下動をじっくりと確認しているとある地点でじりじりと円安へと相場が向い始めます。ここでようやく、ドル円の取引します。通常は、慎重に事前の準備をやっておけばそのエントリーで勝利する確率は比較的高くなるはずです。